社長との気まずい残業

はたらこねっと

社長との気まずい残業

" 私は営業事務をしています。
私の勤めている事業所にいる社員の職種は、私たち営業事務と営業のみで、基本的に本社で管理していることが多い会社です。
私が面接を受けた時、残業や残業代について社長に確認したところ、残業はないの一言で終わりました。
何だかごまかされた気もしましたが、それ以上聞くことができませんでした。
営業は夜遅くまで仕事をしますが、営業事務の定時は17時半です。
私の会社は、営業のうち一人が私たちの定時までに帰って来ます。
会社に人がいなくなると、その時間に電話がかかってきても出られないためです。
月に一度か二度、社長は私の勤めている事業所に来ます。
その日は社長がこちらに来る日でした。
社長は16時頃来て、こちらに来たらする仕事をしていました。
定時間際になって、私たちの定時までに帰ってくるはずの営業が事故渋滞にはまり、帰って来れなくなりました。
その他の営業は、出張だったりまだ営業が終わっていなかったりして、変わりに帰って来れる人がいませんでした。
面接の時にごまかされましたが、残業代は出ません。
本当なら、社長がいるので私たちは帰れるはずでした。
しかし、帰って良いと言われなかったので、こちらからも言い出しにくく、仕事はとっくに終わっていましたが、私たちは適当に時間を潰しました。
社長がこちらを見ないようにしていることは気付いていました。
結局、営業が帰ってきたのは20時過ぎでした。
とても気まずい残業の思い出です。
"

スタッフサービスも充実派遣会社の登録お助け隊って知ってる?